0120-388-587

交通事故や後遺障害についてわかりやすく解説
交通事故お役立ちコラム

後遺障害について

醜状障害(顔の傷)

また交通事故で、顏や首に傷が残ってしまうことがあります。このような後遺症を「醜状障害」と言います。

pixta_9881582_M

醜状障害とは

「醜状障害」とは、頭、顔、首などの日常的に露出する部分に傷が残ることをいいます。醜状障害には、事故そのもので皮膚が損傷した場合のほか、事故後の手術で縫合した傷なども含まれます。
なお、体についても醜状障害が残ることがありますが、このページでは、頭、顔、首の醜状障害について解説します。

醜状障害の主な症状

醜状障害は大きく分けて、以下の3種類があります。
(1)線状痕
(2)瘢痕(はんこん)
(3)ケロイド

(1)の「線状痕」とは、外傷、手術によって生じる線状の傷をいいます。
(2)の「瘢痕」とは、外傷、手術、やけどなどによって皮膚の色や質感が変化した状態をいいます。
(3)の「ケロイド」とは、外傷、やけどなどによって、皮膚の組織が盛り上がった状態をいいます。
また、顔面神経の麻痺により、口元がゆがんだ状態も醜状障害に含まれます。

露出部分に線状痕、瘢痕、ケロイドが残れば醜状障害にあたり、必ずしも痛みを伴う必要はありません。

醜状障害の一般的な治療方法

外傷によって切り傷ができた場合、縫合手術を行います。 また、顔や首などの目立つ場所に「瘢痕」や「ケロイド」ができた場合、太もも、臀部などの日常的に露出しない部分から皮膚の移植手術を行うことがあります。

醜状障害の後遺障害等級

醜状障害は傷跡の大きさ、長さによって等級が決まります。ただし、眉毛や頭髪などで傷が隠れる場合には醜状として扱わないことになっています。具体的には以下のとおりです。

(1)7級12号が認定されるケース

頭に手のひらの大きさ以上の瘢痕、ケロイド
顔に鶏卵の大きさ以上の瘢痕、ケロイドまたは10円玉の大きさ以上の陥没
首に手のひらの大きさ以上の瘢痕、ケロイド

(2)9級16号が認定されるケース

顔に5cm以上の線状痕

(3)12級14号が認定されるケース

頭に鶏卵の大きさ以上の瘢痕、ケロイドまたは頭蓋骨に鶏卵の大きさ以上の欠損
顔に10円玉の大きさ以上の瘢痕、ケロイドまたは3cm以上の線状痕
首に鶏卵の大きさ以上の瘢痕、ケロイド

醜状障害の後遺障害申請のポイント

醜状障害の後遺障害申請で特に重要なポイントは以下の3点です。

(1)後遺障害診断書右側の「醜状障害」の欄の記載について

醜状障害は、後遺障害診断書に専用の記入欄があります。後遺障害診断書右側の「醜状障害」の欄です。ここに醜状のある場所や傷跡の大きさ・長さを図示してもらう必要があります。傷痕の大きさ・長さを測定してもらう時は、色の薄い部分も含めて測定してもらいましょう。

(2)後遺障害診断書右下の「障害内容の増悪・緩解の見通し」の欄の記載について

後遺障害診断書右下の「障害内容の増悪・緩解の見通し」の欄に、醜状障害に緩解の可能性がないこと、つまり、時間が経っても線状痕や瘢痕が消えないということを書いてもらう必要があります。

(3)後遺障害申請後の面接について

醜状障害の後遺障害申請では、後遺障害診断書を提出した後に、自賠責調査事務所から面接の連絡が来ることが通常ですので、対応する必要があります。

後遺障害診断書記載例(醜状障害)

まとめ

醜状障害の主な症状、一般的な治療方法、後遺障害等級と後遺障害申請のポイントについてご説明しました。後遺障害申請にあたっては、傷痕の大きさや長さについて正確な記載をすることが重要ですのでおさせておきましょう。

 

後遺障害に関連するその他の情報

「脛骨骨幹部骨折」について詳しく解説しましたが、その他、交通事故の後遺障害に関する知っておくべき情報をまとめておきますので、参考にご覧ください。

「後遺障害とは」を弁護士が解説

交通事故の後遺障害「むちうち」について

交通事故の後遺障害「ヘルニア」について

 

交通事故に関連するお役立ち情報

また交通事故の後遺障害における慰謝料や示談金についてのお役立ち情報も以下でまとめておきますので、参考にご覧下さい。

「交通事故に関する弁護士費用や弁護士費用特約」について

「交通事故の弁護士に関する慰謝料増額」について

「交通事故に強い弁護士を大阪で探せる交通事故&後遺障害の相談サイト」について

 

 

 

目次ページへ戻る

弁護士費用

交通事故に関する相談は、弁護士報酬は、完全後払い制。増額ができない場合は、弁護士費用は0円。
弁護士費用の詳しい説明はこちらへ

弁護士費用特約について

交通事故の弁護士費用自己負担が0円になる制度

詳しい説明はこちらへ

弁護士紹介

西川 暢春

交通事故のご相談は早めにご相談いただければいただくほどよい解決ができます。通院の方法や、検査の内容、後遺障害申請の手続きの仕方が、解決の内容に大きな影響を及ぼすからです。そのため、咲くやこの花法律事務所では事故の翌日からご相談をお受けしています。ご相談は無料ですのでぜひ早めにお越しください。

弁護士紹介を詳しく見る
交通事故に強い弁護士一覧
小田 学洋
弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

池内 康裕
弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

片山 琢也
弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

堀野 健一
弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

荒武 宏明
弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

米田 光晴
弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

渕山 剛行
弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

交通事故に強い弁護士チームの弁護士紹介はこちらへ

事務所案内

弁護士法人 咲くやこの花法律事務所
〒550-0011
大阪市西区阿波座一丁目6番1号
MID西本町ビル9階

0120-388-587

アクセスマップ

Googleマップで大きい地図を見る

【電車の場合】
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線
本町駅 22番出口 徒歩1分

【お車の場合】
近隣駐車場をご利用下さい。
大阪センタービル(伊藤忠ビル)の地下駐車場が便利です。

対応エリアについて
交通事故に特に強い弁護士へご相談下さい!
メールによるお問い合わせはこちら