0120-388-587

交通事故を
弁護士に相談するメリット

交通事故の相談を咲くやこの花法律事務所の弁護士にしたほうがよい理由は「なぜ?」
後遺障害等級が1つ違うだけ慰謝料の金額が大きくかわります!
自分で対応するとなぜ、「正当な慰謝料」がもらえないのか?
知識と経験がないために、高圧的な保険会社の対応に言いなりになってしまう被害者が多いのが現実です。
弁護士に「相談した場合」と「相談しない場合」の比較
流れ 弁護士に相談した場合 弁護士に相談しない場合
①治療 治療費について弁護士が窓口になって交渉
弁護士が保険会社と治療費の支払い交渉をしますので、突然の打ち切りを避けることができ、治療に専念できます。
また、この期間の治療内容は後遺障害の認定で重要になるため、治療段階から後遺障害認定を見据えたサポートをします。
3か月程度で治療費打ち切りの可能性
早い場合は事故から3か月程度で保険会社から治療費の支払いを一方的に打ち切られることがあります。
また、後遺障害認定においても不利になることがあります。
②休業 弁護士が窓口になって休業補償を請求
休業補償の支払についても弁護士が保険会社と交渉します。また、休業補償の計算が不当に低額でないか弁護士が確認します。
途中で休業補償を打ち切られる可能性
まだ仕事を休まなければならないのに、保険会社から突然、休業補償の支払いを打ち切られることがあります。
③後遺障害等級認定 過去の認定事例を踏まえた万全の対応
過去の後遺障害認定例の研究結果やノウハウをもとに、後遺障害診断書の書き方やその他検査資料の提出についてサポートが可能です。
後遺障害が認められない可能性
後遺障害診断書やその他検査資料の提出が適切にされないため、後遺障害が認められないおそれがあります。
④示談交渉 裁判をしなくても裁判と同等の慰謝料で解決
保険会社の提示を待つのではなく、弁護士が損害賠償額を計算したうえで保険会社に請求します。このことによって裁判をしなくても裁判と同等の基準での慰謝料を獲得することが可能です。
正当な額よりも極端に低い示談金
保険会社からの提示を待つことになりますが、保険会社の提示は裁判基準より相当低額であることがほとんどです。
ケースによっては、正当な補償額の10分の1程度の提示しかされないことすらあります。

咲くやこの花法律事務所の
交通事故チームに相談する最大のメリット

メリット1

交通事故に強い弁護士チームだからこそ、
慰謝料の増額は90%以上(※参照)の実績です。

加害者の保険会社は通常、適切な慰謝料を提示してきません。
そして、それに対して被害者自身で交渉をしても少し上がる程度で、適切な慰謝料を獲得することはできません。弁護士に依頼することによってのみ、保険会社に訴訟になる危機感を現実的に感じさせることができ、適切な慰謝料を得ることが可能です。

メリット2

90%以上(※参照)のケースで、裁判をしなくても
「裁判と同等の慰謝料」を獲得することができます。

裁判は時間がかかり、依頼者にとって負担が大きいです。
そこで、咲くやこの花法律事務所では、裁判をしなくても早期に裁判と同等の慰謝料を獲得するノウハウを磨くことに全力を注いできました。
その結果、現在では、裁判をしなければならないケースはご依頼件数全体の10%未満にすぎず、90%以上(※参照)のケースで裁判をしなくても裁判と同等の慰謝料を獲得することに成功しています。

メリット3

適正な後遺障害等級と、正当な慰謝料の額がわかります。

適正な後遺障害等級の認定

弁護士が後遺障害の手続きをすることで、適切な後遺障害の認定が受けられて適切な慰謝料につながります。弁護士に依頼しない場合、加害者側の保険会社を通じて後遺障害の申請を行うことになり、適切な結果が得られないことが多いです。

一般的な収入のむち打ち症の被害者で過失なしのケースの賠償額

後遺障害が認められなければ賠償額は通常100万円程度です。
しかし、後遺障害14級が認められると300万円〜400万円程度、後遺障害12級が認められると1,000万円程度と後遺障害の認定内容によって賠償額に大きな差が出てきます。

正当な慰謝料

被害者の方は、自分の適切な慰謝料がどの程度かわかりません。弁護士に相談すると、正当な金額が明確になります。また、すでに保険会社から慰謝料の提示を受けている方は、それをお持ちいただいてご相談いただくことで、どのくらいの増額が可能であるかが無料相談の中でわかります。

知らないと大損!こんなにかわる慰謝料の額
自賠責保険基準 裁判基準
1級の場合 1100万円 2800万円~4000万円
2級の場合 958万円 2370万円~3450万円
3級の場合 829万円 1990万円~2200万円
4級の場合 712万円 1670万円~2000万円
5級の場合 599万円 1400万円~1750万円
6級の場合 498万円 1180万円~1300万円
7級の場合 409万円 1000万円~1250万円
8級の場合 324万円 830万円~1200万円
9級の場合 245万円 690万円~750万円
10級の場合 187万円 550万円
11級の場合 135万円 420万円
12級の場合 93万円 290万円
13級の場合 57万円 180万円
14級の場合 32万円 110万円

後遺障害の慰謝料だけを比べても、「自賠責保険基準」による慰謝料と「裁判基準」による慰謝料は、こんなに差があります。咲くやこの花法律事務所にご依頼いただいたお客様は、すべて「裁判基準」による慰謝料額を獲得しています。

メリット4

事務所全体で医学的知識の充実と共有に取り組んでおり、
後遺障害等級アップの実績が豊富です。

咲くやこの花法律事務所では適正な後遺障害の等級が重要であると考え、弁護士の医学的知識の充実に取り組んできました。
また、いったん後遺障害の等級結果が出た後も、さらに異議申立てなどの手続により等級を上げるということに限界まで取り組んできました。その結果、下記の通り、これまでに多数の後遺障害等級アップを実現しています。

等級アップの実績の一例

高次脳機能障害 2級 → 1級 腕神経叢損傷 11級 → 7級
TFCC損傷 非該当 → 12級 鎖骨骨折 14級 → 12級
聴力障害 非該当 → 10級 頸椎捻挫 非該当 → 14級
複視 非該当 → 10級 ヘルニア 14級 → 12級
メリット5

事故直後から解決までのフルサポートのため、
治療内容も含めた細かいサポートが可能です。

事故直後が大切な理由とは?

適切な後遺障害の認定には、「病院への通院の方法が重要」になります。
また、適切な時期に適切な検査をしておくことが必要になります。これがないと、症状が残っているのに後遺障害の認定を受けることができないという悲惨な事態になります。
事故後早いうちに弁護士に相談して、病院への通院方法や検査をすべき内容についてなどを理解していただく必要があります。

また、「後遺障害診断書を適切に記載すること」も必要不可欠です。
事前に弁護士が後遺障害診断書の記載方法をアドバイスしたり、後遺障害診断書の記載例などをお渡しすることができます。後遺障害診断書作成後も適切に記載されているかどうかを弁護士が確認し、場合によって修正を依頼することで、正当な等級を獲得します。

メリット6

弁護士が治療費や休業補償の交渉をすることで、
支払いの打ち切りを防ぎます。

被害者は事故後、治療費や休業補償を保険会社から出してもらうのが通常ですが、この支払いはだいたい3ケ月から6か月程度で打ち切られることがほとんどです。
弁護士に依頼し、弁護士が治療費や休業補償の交渉をすることで、治療費や休業補償の打ち切りに対抗していくことが可能になります。

メリット7

弁護士費用特約をお使いの場合は、
個人負担なしで慰謝料の増額が可能です。

弁護士費用特約制度では、通常は「相談料10万円まで、弁護士費用300万円まで」という上限が設定されています。
咲くやこの花法律事務所では、弁護士費用特約制度をご利用になる場合、被害者にご負担いただく費用は弁護士費用特約制度の上限の枠内になるように調整し、残りの弁護士費用は加害者に請求するようにしています。
このことにより、被害者の方は弁護士費用の負担を気にすることなく、個人負担なしで当事務所にご依頼いただくことができます。

メリット8

保険会社の対応や交渉は全て弁護士が担当。
高圧的な保険会社との交渉のストレスから解放されます。

ほとんどの依頼者が、保険会社の高圧的な対応に強いストレスを感じて相談にこられます。
咲くやこの花法律事務所では、ご依頼直後からすぐに弁護士が窓口となって保険会社の対応をします。依頼者は依頼の日から保険会社に対応する必要がなくなり、ストレスから解放されます。

さらに!咲くやこの花法律事務所の
交通事故チームが評価をいただく対応力!

3つの対応力
サポート内容ページはこちら

弁護士費用

交通事故に関する相談は、弁護士報酬は、完全後払い制。増額ができない場合は、弁護士費用は0円。
弁護士費用の詳しい説明はこちらへ

弁護士費用特約について

交通事故の弁護士費用自己負担が0円になる制度

詳しい説明はこちらへ

弁護士紹介

西川 暢春

交通事故のご相談は早めにご相談いただければいただくほどよい解決ができます。通院の方法や、検査の内容、後遺障害申請の手続きの仕方が、解決の内容に大きな影響を及ぼすからです。そのため、咲くやこの花法律事務所では事故の翌日からご相談をお受けしています。ご相談は無料ですのでぜひ早めにお越しください。

弁護士紹介を詳しく見る
交通事故に強い弁護士一覧
小田 学洋
弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

池内 康裕
弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

片山 琢也
弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

堀野 健一
弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

荒武 宏明
弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

米田 光晴
弁護士
米田 光晴(よねだ みつはる)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

渕山 剛行
弁護士
渕山 剛行(ふちやま よしゆき)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

交通事故に強い弁護士チームの弁護士紹介はこちらへ

事務所案内

弁護士法人 咲くやこの花法律事務所
〒550-0011
大阪市西区阿波座一丁目6番1号
MID西本町ビル9階

0120-388-587

アクセスマップ

Googleマップで大きい地図を見る

【電車の場合】
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線
本町駅 22番出口 徒歩1分

【お車の場合】
近隣駐車場をご利用下さい。
大阪センタービル(伊藤忠ビル)の地下駐車場が便利です。

対応エリアについて
交通事故に特に強い弁護士へご相談下さい!
メールによるお問い合わせはこちら

※参照について

「提示後に依頼されたケースの90%以上について示談金増額に成功!」の記載について。
咲くやこの花法律事務所では、2016年1月から2016年12月の間に「423件」の交通事故を解決しました。この423件のうち、保険会社からの支払い提示を受けた後に咲くやこの花法律事務所にご依頼いただいた件は、「47件」でした。そして、この47件のうち、47件すべてについて、弁護士による交渉の結果、保険会社からの支払い提示からの増額に成功しました。