0120-388-587

交通事故に強い弁護士の
慰謝料増額の成功実績

495
万円

獲得成功!

後遺障害部位
上半身/頚部
後遺障害内容
むちうち(頭痛,首の痛み)

後遺障害等級14級9号解決方法交渉70代 女性 専業主婦のケース

むちうちによる症状のため14級9号が認定された70代専業主婦の被害者について、 弁護士の交渉により495万円の獲得に成功!

[保険会社から提示がある前からのサポートにより正当な慰謝料を獲得したケース]

適正な後遺障害認定

後遺障害等級
14級9号

解決方法
交渉

正当な慰謝料の獲得成功!

495万円

解決期間 約1ヶ月

後遺障害等級:14級9号

成功実績の内容

成功実績の内容

むちうちによる症状のため14級9号が認定された70代専業主婦の被害者についての成功実績になります。
●治療中に家事ができなかった点について、主婦としての休業損害約190万円を獲得。
●後遺障害逸失利益約75万円を獲得。
●その他、慰謝料等を含め、合計の賠償総額として495万円を獲得。
●示談後により重い後遺障害が出た場合は別途賠償する旨の合意を示談書に明記することにも成功。

事故発生の状況

被害者は軽自動車を運転して、信号待ちをしていた際に、事故に逢いました。後続車のさらに後ろの車がアクセルとブレーキを踏み間違えて、後続車に衝突し、後続車が前に飛ばされて被害者の車に衝突する玉突き事故が起こりました。被害者が運転していた軽自動車のリアドア、リアバンパーが大破しました。

ご相談の経緯

被害者が遠方にお住まいであったため、ご家族が事務所にお越しになりご相談をお受けしました。被害者はご相談時、すでに後遺障害14級9号の認定を受けておられました。しかし、症状固定後も、頭痛や首の痛みが続き、週2回は医師の指示で通院しておられました。突発的なひどい頭痛で夜間に突然病院に行かなければならないとこもあるなど、症状は改善の気配がありませんでした。このように症状固定後も症状が続いており、家事にも支障が出ていたため、今後の示談交渉の進め方についてご相談にお越しになりました。

解決に当たってのポイント

被害者が専業主婦の場合、事故後、症状固定までの期間について、家事に支障が生じていることがほとんどです。このような場合、十分に家事ができなかった点について、休業損害の支払いを求めることができます。また、症状固定後も家事に支障が生じる場合は、将来の家事労働について後遺障害逸失利益の支払いを求めることができます。

整理すると以下の通りです。
●症状固定までの間の家事についての支障⇒休業損害で補償。
●症状固定後の家事についての支障⇒後遺障害逸失利益で補償。
本件は、この2つの観点から正当な賠償額の獲得を目指しました。また、本件では、被害者は御高齢で、裁判等はせず、短期の示談での解決を御希望でした。そのため、示談交渉の中で最大限の金銭的な補償を得ることを目指しました。

弁護士のコメント

咲くやこの花法律事務所 荒武弁護士

●専業主婦の休業補償の請求について
専業主婦の休業損害の計算方法はさまざまな方法がありますが、自賠責保険の基準で計算すると、治療費等も含めて120万円の枠内での支払となるため十分な補償を得ることができません。本件では、14級9号の被害者について、事故日から症状固定日までの期間中、女子平均賃金の50%の休業損害を認めた大阪地方裁判所の裁判例をもとに休業損害を計算し、請求しました。保険会社に症状固定後も被害者が通院し、家事にも支障が生じていることを説明し、休業損害については約190万円の獲得に成功しました。

●専業主婦の後遺障害逸失利益の請求について
逸失利益については、女子平均賃金を基礎収入として、労働能力喪失率を5パーセント、労働能力喪失期間を5年で計算し、約75万円の獲得に成功しました。

●今後の後遺障害に関する配慮について
被害者は、今後、より強い症状が出てくる可能性があることを御心配されていました。そこで、「将来より上位の後遺障害等級が認定された場合には別途賠償請求できる」内容の条項を示談書に入れることを保険会社に要求し、交渉の結果、この条項を入れて示談することに成功しました。

上記の結果、通院慰謝料などともあわせて、総賠償額として、495万円の賠償金を獲得し、また、示談後に14級以上の後遺障害が出現した場合は別途賠償請求することができる内容で示談することに成功しました。

一覧へ戻る

弁護士費用

交通事故に関する相談は、弁護士報酬は、完全後払い制。増額ができない場合は、弁護士費用は0円。
弁護士費用の詳しい説明はこちらへ

弁護士費用特約について

交通事故の弁護士費用自己負担が0円になる制度

詳しい説明はこちらへ

弁護士紹介

西川 暢春

交通事故のご相談は早めにご相談いただければいただくほどよい解決ができます。通院の方法や、検査の内容、後遺障害申請の手続きの仕方が、解決の内容に大きな影響を及ぼすからです。そのため、咲くやこの花法律事務所では事故の翌日からご相談をお受けしています。ご相談は無料ですのでぜひ早めにお越しください。

弁護士紹介を詳しく見る
交通事故に強い弁護士一覧
小田 学洋
弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

池内 康裕
弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

片山 琢也
弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

坂東 大士
弁護士
坂東 大士(ばんどう ひろし)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

堀野 健一
弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

荒武 宏明
弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

交通事故に強い弁護士チームの弁護士紹介はこちらへ

事務所案内

弁護士法人 咲くやこの花法律事務所
〒550-0011
大阪市西区阿波座一丁目6番1号
MID西本町ビル9階

0120-388-587

アクセスマップ

Googleマップで大きい地図を見る

【電車の場合】
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線
本町駅 22番出口 徒歩1分

【お車の場合】
近隣駐車場をご利用下さい。
大阪センタービル(伊藤忠ビル)の地下駐車場が便利です。

対応エリアについて
交通事故に特に強い弁護士へご相談下さい!
メールによるお問い合わせはこちら