0120-388-587

交通事故に強い弁護士の
慰謝料増額の成功実績

1176
万円

獲得成功!

後遺障害部位
下半身/大腿部
後遺障害内容
大腿四頭筋部分断裂

後遺障害等級12級13号解決方法交渉30代 男性 会社役員のケース

大腿四頭筋部分断裂により12級13号の30代男性の相談者について、 弁護士の交渉により882万円の増額に成功!

[保険会社の提示後の慰謝料を増額したケース]

保険会社の提示額

294万円

後遺障害等級:12級13号

解決方法
交渉

慰謝料増額に成功!

1176万円

解決期間 約1ヶ月

後遺障害等級:12級13号

成功実績の内容

成功実績の内容

12級13号の30代男性会社役員の被害者について下記の点に成功し、合計882万円の増額に成功しました。
●保険会社が支払を認めていなかった後遺障害逸失利益を獲得すること
●保険会社が提示していた慰謝料を増額すること

事故発生の状況

事故は片側1車線の道路の交差点付近で起こりました。被害者は普通乗用自動車を運転していましたが、交差点付近で渋滞で停車中に、わき見運転のまま走行してきた後続車に追突されました。被害者は追突時に、ひざをダッシュボードにぶつけ、ひざに強い痛みが残りました。検査の結果、大腿四頭筋を部分断裂していると診断されました。

ご相談の経緯

被害者はご相談時、すでに後遺障害12級13号の認定を受けておられ、保険会社からは約294万円の支払提示がありました。この保険会社の提示額が妥当かどうかをご相談にお越しになりました。

弁護士の基本方針

弁護士が保険会社の提示の内容を拝見したところ、保険会社の提示には以下の問題点がありました。
●被害者に事故後減収が生じていないことを理由に、後遺障害逸失利益が補償に盛り込まれていない。
●慰謝料についても、正当な金額より100万円以上低い。
そこで、弁護士が受任して交渉することにより、大幅な賠償額の増額が可能であると判断し、弁護士への依頼をお勧めしました。

解決のポイント

有職の被害者について12級以上の後遺障害が認定された場合、「後遺障害逸失利益」が保険会社からの損害賠償額の中で最も大きな額になることがほとんどです。この「後遺障害逸失利益」は、後遺障害が残ってしまったことにより、将来にわたって仕事に支障が生じ、本来得られるべき収入より減収してしまう可能性が高い場合に、その減収分を補償するものです。

このように「後遺障害逸失利益」は「減収」に対する補償であることから、事故後に減収がない場合は、被害者から後遺障害逸失利益を請求しても、認めない判例も多数存在します。本件では、被害者が事故後減収したことはなく、このことから裁判をしても後遺障害逸失利益が否定されるおそれがありました。

しかし、被害者はひざの痛みにより、仕事に多大な支障が生じており、減収がないのは仕事の時間を増やすなどして被害者本人の努力でカバーした結果でした。そこで、弊事務所としては、減収がないからといって後遺障害逸失利益を認めないという保険会社の主張は不当であると判断し、「後遺障害逸失利益」の獲得を最重要ポイントとして交渉しました。

また、慰謝料についても正当な金額より100万円以上低い提示でしたので、正当な慰謝料を獲得できるように交渉しました。なお、被害者は仕事が忙しく、訴訟ではなく交渉で解決したいという御意向でした。そこで、交渉での短期解決で十分な増額を獲得することを目標としました。

弁護士のコメント

咲くやこの花法律事務所 堀野弁護士

本件では、被害者は以下のような症状があり、仕事や車の運転にも支障が生じていました。
●座った状態からの立ち上がりが困難である
●膝を曲げ伸ばしする時に強い痛みが走る
そのため、減収がないとはいえ後遺障害逸失利益については十分な金額を獲得できるように、保険会社に証拠書類を提出して交渉をしました。

また、被害者は比較的高額の所得を得ていたため、保険会社からは、「会社役員についてはその報酬のすべての部分が逸失利益の対象となるわけではない」という反論もありました。これについても被害者にとって有利な過去の裁判例を引用して、反論しました。

その結果、
●後遺障害逸失利益の獲得
●慰謝料の増額
に成功し、依頼からちょうど1ケ月の交渉で、保険会社の提示額より882万円増額して示談することができました。

一覧へ戻る

弁護士費用

交通事故に関する相談は、弁護士報酬は、完全後払い制。増額ができない場合は、弁護士費用は0円。
弁護士費用の詳しい説明はこちらへ

弁護士費用特約について

交通事故の弁護士費用自己負担が0円になる制度

詳しい説明はこちらへ

弁護士紹介

西川 暢春

交通事故のご相談は早めにご相談いただければいただくほどよい解決ができます。通院の方法や、検査の内容、後遺障害申請の手続きの仕方が、解決の内容に大きな影響を及ぼすからです。そのため、咲くやこの花法律事務所では事故の翌日からご相談をお受けしています。ご相談は無料ですのでぜひ早めにお越しください。

弁護士紹介を詳しく見る
交通事故に強い弁護士一覧
小田 学洋
弁護士
小田 学洋(おだ たかひろ)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

池内 康裕
弁護士
池内 康裕(いけうち やすひろ)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

片山 琢也
弁護士
片山 琢也(かたやま たくや)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

坂東 大士
弁護士
坂東 大士(ばんどう ひろし)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

堀野 健一
弁護士
堀野 健一(ほりの けんいち)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

荒武 宏明
弁護士
荒武 宏明(あらたけ ひろあき)
主な取り扱い分野

交通事故の損害賠償請求

交通事故に強い弁護士チームの弁護士紹介はこちらへ

事務所案内

弁護士法人 咲くやこの花法律事務所
〒550-0011
大阪市西区阿波座一丁目6番1号
MID西本町ビル9階

0120-388-587

アクセスマップ

Googleマップで大きい地図を見る

【電車の場合】
地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線
本町駅 22番出口 徒歩1分

【お車の場合】
近隣駐車場をご利用下さい。
大阪センタービル(伊藤忠ビル)の地下駐車場が便利です。

対応エリアについて
交通事故に特に強い弁護士へご相談下さい!
メールによるお問い合わせはこちら